香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりじめ

本日は、午後の1時過ぎからファームにお出かけを。

途中でにわか雨が降り出して、

ざーっと降り続く雨に、ファームの駐車場について

しばらくたっても車から降りられないほどで。

んー。どうしようか。

001_convert_20110709185423.jpg

雨の中、車中のガラス越しに外を眺めています。


そこで、駐車場の車の中、連れ合いとふたりで 取り残された こえの

頭にひらめいた妙案とは。

「ね。そこで運転席かわって。駐車の練習させて。」

連れ合い、あっけに取られながらも、しぶしぶ

後部座席に移動。

そこから、雨の中のパーキングの練習がスタートしました。

だって大雨だし。他にすることもないし。車からも降りられない。

それに、責任者のSさんの車のほかには、

こえたちの車しかなかったのです。

これこそ練習に願ってもない絶好のタイミング。

そこからが大騒ぎ。

「あー、なにやってんだよ。ばか。」

「うわああああ。はやくブレーキをかけなさい。」

「おいおいおいおい。どこ行くんだ。早くバックして」

あらん限りの罵声を浴びせられつつ、

そこで何度もブレーキとパーキングの練習に励む こえ。

今回ようやく、この車(教習所の車とブレーキ仕様が異なる)のブレーキの

踏み方が飲み込めてきました。なるほど。

でね。練習に疲れた頃にほど良く雨も小止みになりまして。

それでは、いざファームへということになりました。
スポンサーサイト

わかば巡業

日曜日の夕方、本免許を取得した後初めての練習にでかけました。

教習所の車にて本格的に高速道路にもデビューを果たしまして。

初心者の速度制限ぎりぎりの70キロまで出しました。

中国くにざかい 近くにあるファームのすぐ近くまで運転をして、

ああ。ファームはだいぶ近づいた。と感慨を新たにした、こえであります。

道々いちご狩り農場のそばを通ったり。

バーべキューの香りの中を走り去ったり。

さらに。急な坂道を登るサイクリストをよけて、

反対車線の車とぎりぎりですれ違って

はらはらしながらも、

74マイルの走行距離を記録いたしました。

インストラクターの先生には、

「期待していたよりもうんと上手だったよ」

といわれて。

どんな期待をされていたんだろう、と若干心配になりながらも。

田舎のくねくねした坂道を下る際には、

先生「夜は車が飛ばすからね」

こえ「(このあたり)牛もでますよ」

などという会話も交わしながら。

かなりまじめにドライブをしました。


で。思えばずいぶん長い道のりだったなあ、

と思い出に浸りつつこのエントリーを書いていた矢先。

「かしゃーん」

という音がして、居間に出ると

ワイングラスを割ったばかりで途方にくれる

連れ合いの姿を発見しました。

んー。それは早く片付けたほうがいいよ。危ないから。
「わかば巡業」の続きを読む

初・そとまわり

ということで、

待ちに待った運転免許証を受け取りにいき、

ようやく はじめての お外まわりを

敢行しました。

Pマーク(provisional, こちらの若葉マーク)もつけて。


連れ合い、助手席に座ってずっと罵詈雑言を吐き出し続けておりましたが、

それにこえは何とか耐えまして。

んー。いつでも、初めてというのは緊張をするものであります。

歩きなれた、又バスや車で普段通る道を

自分の運転する車で、ドライブするというのは。

土地勘も地理勘もあるはずが、またしてもここで

作動させないといけないのは、道路の標識と路線図と車間距離を一緒に把握する

まったく別の感覚だ

ということに、今更ながらこの時点で気がつく こえ。

今までは本当に序の口練習で。

ここから一気に本番、上達をしないと、

とてもファームまでなんて運転してはいかれないということもよくわかり。

「えー。そういうことなの」

いわゆる、カルチャーショックの連続でした。

「ほら。道端に近づきすぎているよ。ぶつかるでしょう。」
と連れ合いに促されはっとしたり。

後ろに車の列が こえが気がつかない間にできていたり。

プロのドライバーのトラックの運転手の人とか、タクシーの運転手の人は、

Pマークとひと目でそれと(下手さ加減が)わかるのでしょう、

何度も道を譲ってくれたり、スピードを落として こえさんに合わせてくれました。

さすがプロ・ドライバー。マナーが断然いいです。

連れ合いには、「ほら。後ろの人が待っているんだから。早くしなさい」と

何度もせかされましたが、

ぴかぴかPマークの 初心者にそんな、他の年長ドライバーに気を使う余裕があるはずもなく。

そこで口答えなんてしようものなら、

つれ「運転に集中しなさい」

びしっと怒られまして。くすん。

今に見ていろ、上手になってやるもん、

と闘志も新たに誓う、最近の こえ でありました。

サクラサク

ということで、こえ にも春が来ました。

1年間有効の仮免の失効を目前にして、

ようやく本日、 教習所の中の駐車と坂道の試験を通りました。

4度目です。

駐車がおわって、試験官の人が「じゃあ外に出てみるから、、、」と言ってドアを開けて

ざっとチェックをしたら、その人は外に出ずにそのままドアを閉めて、

「じゃあ、3ポイントターンを」といわれたので、

思わず こえは、

「え? わたし、駐車通ったんですか?」と聞いてしまいました。

試験官の方はいい人で、「通ってますよ。」と言ってくださったので、

そこでとっさに 「ああよかった。ここ何度も落ちてたんで、、すごく心配だったんです」

とお返事して。この瞬間に、ああ、今回は通りそう、と確信することがようやくできました。

で。ターンも坂道も何とかこなして。

「はい。車をそこでとめてください。おしまいです。」

試験官の人はそのまま執務室に戻り、

こえ は、ドアを開けて外に出ようとした瞬間、
へなへなと、緊張の糸が切れたようにその場にへたり込みました。

で。固唾を呑んで見守る二人のインストラクターの先生
(途中で先生代わったので、二人です)
と、握手をしました。

何度も追試の手配をしてくださった執務官とも握手をして。

再度二人のインストラクターの先生方と一緒に記念撮影をして。

本日の最大のメインイベントが無事に終了しました。

本当は、家に戻った後ケーキを焼くつもりでいたのですが、

もう体中の筋肉が緊張しまくっていて、とてもそんな余力はないので。

(思い起こせば。昨日、今日は腹痛で。その前2日間くらいは、夜中に目を覚まして
胃が痛くなる状態で。かなりのテンションが入っておりました。)

ケーキは明日以降にします。

帰り道すがら、気がついたこと。

今までずっと、車は動いているか止まっているかとかの全体しか見ていなかったのですが、

今日改めて気がついたのは、タイヤの回っているスピードとか、運転手さんのハンドルを回す手の動き、

それにウィンカーなどのサインなど、細かいところに目がいくようになったなと、

思えば ずいぶん (長い道のりを)遠くまで来たもんだなあ

と、ようやく過去完了形で ゆっくりよいん に浸る 今日の午後でありました。

finally passed the driving test today.

ひさしぶり

久しぶりに、教習所通いの話を。

4度目の再試を受けるために

また わたわたと準備を始めた、最近のこえ であります。

思い起こせば。昨年5月頃に教習所通いを始めて。

筆記試験はすぐに通ったのですが。

その後 約1年経過。そろそろ 仮免の期限が切れそうというのに、

まだ 教習所の中の 縦列駐車などのところだけ通っておらず。

半ばあせりつつも
飲み込み遅くて不器用で時間がかかるのは、もうしょうがないねえ。

とあきらめて、この際みっちり練習をすることにして

頻繁に教習所通いをしております。

あ。自分の車がほしいというよりは、

免許が取れたら運転をやってみたいと思っておりまして。カーシェアリングでいいから。

どうして?と聞かれると、

新界のファームに通うとして、運転ができたほうがいいなあと

そしてよりいろんなことを考えられそう、というのも一つ。

それも運転の練習を始めてから、次第に確信的に思うようになりまして。


たとえばですねえ。

先だって東京に戻ったときに、運転を職業としている人たちに関する

プレゼンを聞く機会があり、今までずっと「物流」という言葉で理解していたことが、

次第に 物を運ぶ人がいるんだ、という 人がものを動かす話として

ようやく こえに 見えてきたのと。


また自分が歩行者からドライバーに変身中ということもあり、

しかも ざりがにドライバー(注:バック運転ができない)として苦労をしていることもあり、

急に道路と運転をしている人たちに 親しみ まで覚えるようになりまして。

今まで見えていなかったものが、見えてくるようになったというのか。

社会を支えている仕組みが、よりよく見えるようになったというのか。

ファームにも、いずれ車で自分で運転して来られるようになると、輸送のありがたさを

また感じるようになるんだろうなあ、と思いつつ。

おそらく、車の運転を習わないままだったら、

「オーガニック」=「有機」から 外のことを考えなかったかもしれない、と思うのです。

今後 どんな風に にゅう・ほらいずん がひらけてくるのだろう、

とプラス思考で考えるとして、

それを楽しみに4度目の再試の練習に励む 今日この頃であります。

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。