香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

お出かけ

昨日の夜、セミナーがありましてお出かけをしてきました。

夜に外出するのは久しぶりだったこともあり、

また、あまり歩きなれてない場所(長沙湾) であったこともあり。

迷いに迷いまくって 大汗をかいていた こえ であります。

006_convert_20130713091217.jpg

で。たどり着いたのはここ。
good lab という会員制のオープンスペースと、good kitchenという社会企業系のレストランがありまして。
場所はなかなかいい感じでした。

セミナーは、今当地で話題になっているごみ問題について台湾の事例紹介を踏まえたうえでのデイスカッション、それに冬瓜水と冬瓜のシェアリング。

こえは、途中入場かつ区切りの良いところで、途中退出(広東語もかなりのチャレンジですが、
集中力が続かず、、、)でした。すみませーん。

場所がとても面白いなあと思ったのは、

008_convert_20130713091843.jpg

向かい側に、VMOがありまして。これが一番分かりやすい目印かな。
いわば、香港の野菜仕分けのハブ。その向かい側という場所で
セミナーというのがなんというか、オルタナ系としていいなあと思ったのです。

そう思うと、社会企業のこの good kitchen にも行ってみたい気がします。
さすがに一人では入りづらかったですが。

007_convert_20130713092210.jpg

外見はこんな感じ。夜なので、見た目が暗いです。あしからず。
スポンサーサイト

フルーツあれこれ

最近、中医通いかつ冷え対策のため、冷たいものはあまり食べられないこえ であります。

フルーツも、指をくわえてみていること多し。どうしても食べたいときは一口ぶんだけ買ってきたり、

火を通して温めて食べたりと。あの手この手を使っております。


ということで、最近はフルーツの木があると、あちこちで気がつきます。

012_convert_20130623140508.jpg

これは龍眼。家の近所になっておりました。

通うファームでは、レンブ、ジャックフルーツ、ライチなどもまもなく食べごろかと。

ライチはすこし、わらしべできないかと狙っております。ライチリキュールを仕込みたいので。


あ。時期は過ぎてしまいましたが、パパイヤ、いちごなどもできます。

ほかにファーマーが植えているのは、ぶどう(←こえ)、パッションフルーツ、パイナップルとか。

ファームのスタッフがバナナ、黄皮、びわ、楊梅などをおすそわけしてくれることも。

昨日はキウイの苗をファームで初めてみました。誰か植えたい人がいるらしい。んー。


一方、こちらは、街市で手にした、ローカルフルーツ。グアバ、レモン、だいだい(?)、ミニマンゴー。

014_convert_20130623140646.jpg

昨日はこのマンゴーをいただきました。なかなかに甘くておいしかったです。

レモンはいつものように、蜂蜜とあわせて、マドレーヌにしようかと。

ほかにですねえ、りんご、プラム、ももとか、出ているときもありまして。

なかなかいろんなものがあります。

そうそう。スイカも植えているファームがあるようです。有機スイカ節っていうフェスティバルが

あるらしい。


基本、普通に売っているフルーツよりも小ぶりなような気がします。

もちろん大量には出回っていないので、一口だけ食べたいこえのような人にはちょうどいいかもしれない。


香港に観光でお越しになる皆様には、ファーマーズマーケットで一口ぶんだけ

記念に(何の?)お試しされるのもよいかと。ちょこっと香港の地元フルーツ案内でした。

畑近くのお気に入りごはん

昨日、畑作業の帰りにずっと行ってみたいと思っていた

レストランへランチに出かけました。

お店の名前は、IPC++Foodlab

029_convert_20130602054222.jpg

外見はこんな感じ。外に野菜が植えられています。車で通るときにそれが気になって興味を持っていました。

ランチとディナーがありまして。季節の野菜メニューが中心です。

セットランチの一つをいただきました。

032_convert_20130602054732.jpg

トマトとパプリカのスープ。シナモン風味(とビーツ?)の小さいパンが添えられていました。
野菜の風味たっぷりで、大満足。

033_convert_20130602054951.jpg

ズッキーニとマッシュルームのパスタ。上にパルメザンチーズがたっぷりふりかけられています。


034_convert_20130602055215.jpg

デザート。りんごとフィロの重ね焼き。それにフルーツと、クランブルをそえて。はちみつがかけられていました。

これにコーヒーまたは紅茶がつきます。


二人、終始無言でいただきました。地元食材を使った料理で、

かつ素材の持ち味が生かされた、フレンチ・スタイルのお料理。

お料理好きなシェフが野菜に愛情を注いで作っているという感じがして、食べていてしあわせな気分になりました。

お値段は、この内容で確か一人118ドルだったかと。

これまで行ったベジ系レストランの中でもいちおし の一つです。

そうそう。お隣は接待ランチらしき男性グループで、一人外国の方が混ざっていました。
ケータリングのお仕事をされている方々らしかったです。そういう人たちが、このレストランに
接待のため予約を入れてやってくる。地元野菜で心をこめたおもてなしって感じでしょうか。

そういうのも、なんだかいいなあ、と ほのぼのとした気分でレストランを後にしました。

街中からはかなり遠いですが、チャンスがあればおすすめします。 
日本からお越しの皆様も。いらっしゃる機会があればお試しくださいませ。

IPC Foodlab
G/F IPC Centre
26 On Lok Mun St
Fangling NT HK
tel.2676-6900

www.ipcfoodlab.com ホームページもあります。

食物回収見学ツアー

地元の雑誌(新暇期)で、食品廃棄に取り組んでいるグループが、ディナー付きツアーを

主催します、という記事を読みました。

どういうことかというと、地元のマーケットで閉店間際に

本来ならば廃棄されてしまう野菜などを、

無駄にするのはもったいないということで、

その食材を回収し、調理しそれを食事として

地元の人たちに出しましょうという

一種の社会福祉的なサービスで。

いわゆるスープキッチンという活動に近いかと。

今回のツアーで、その日の業務の一端を見せていただけるとのこと。

一度行ってみたいと思っていたので、

早速出かけて来ました。
「食物回収見学ツアー」の続きを読む

春はちみつ

これも土曜日のこと。

通っているファームに、近くで養蜂をやっているおじさんがやってきました。

つれあいは、おじさんの蜂蜜がお気に入りらしく、

さっそく、今は蜂蜜はないのか?と質問。

夏は蜂蜜はないけど、春のはちみつがまだ

ここのファームにも置いてあるんじゃないかなあ、

と出してくれたのが、

023_convert_20110726111926.jpg

これです。百花蜜。

今回の百花蜜は、黄皮、ライチ、それに龍眼の花が一気に咲いたので、その3種の花から採った蜂蜜だよ、と。

ここでこえの目が輝きます。おいしそう。ちょっと待ってください。あわててメモをとりました。

で。さらに今度はまた、「うーかう」っていうのがあるから、その蜜もすこし味見用に持ってくるね、と。

んー。音と連れ合いの書いてくれたのを頼りに検索したところ、

烏臼(chinese tallow, triadica sebifera)のことではないかな、と。

これは、また初めて聞く名前で、わくわくしています。一体どんな味なんだろう。

ちらっとこの百花蜜のびんを開けて、ティスティングをしてみたら、

どっしりとした冬蜂蜜の味に比べて、軽い。後味にすこし酸味があるような気が。

これは、何にあわせてどうやって使おうかな。

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計