香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

梅酒の次は、、、

えーと、
蜂蜜梅酒ティスティング
でお知らせした、はちみつ梅酒をようやく先日農場に持っていくことができました。

農場でオーナーのSさんに、「はちみつ梅酒ができました。試飲どうぞ」
と渡しました。

オーナーは興味深々という感じで、そばにいた男性のAさんと、
さっそくそのままストレートで。

「うわ。強い!甘い!はちみつの味も、梅の味もすごく濃い!」

と驚いていました。

オーナーは市販の梅酒は飲んだことがあるらしいのですが、
それはすごく「マイルド」で、ぜんぜん違う、と。
北京に、ローヤルゼリーのお酒というのがあるらしい
(しかもかなり強いお酒らしい)のですが、
そっちのほうに近い感じだね、と。

どうも、かなり強いお酒と思われたみたいです。たしかに。25%のアルコールに
砂糖もはちみつもたっぷり入れたし、、。

次に、今度は炭酸水で割って。
「これは飲みやすい」「食前酒によさそうだね」
ということで、いろんな人に勧めていたので、
ちょっと安心しました。

今回、市場で小型の青梅を3月末に見かけたので、
買って作ってみたのですが、売っていたお店では、
「梅酒?これで?」と言っていたところを見ると、いまひとつイメージがわかなかったみたいです。

農場のオーナーに聞いたところでは、わたしが今回使った青梅は、
中国の北方の梅(プラム)とは違う、
広東産か香港のものだろうということでした。

手元の百科事典、Penguin Companion to Food (Alan Davidson ed.)によると、
わたしたちが日本で「梅」といっているのは、むしろ「あんず」に近いらしいです。
同事典によると、原産は中国。

恐る恐る使ってはみたのですが、日本で使うものと、これでぴったりだったみたいです。

そして。香港でもたぶん木があって植えている人がいるはず、
これも香港のローカル産でできるかも、という話になりました。

農場にオーナーが梅を植えたら。次は梅干かな。赤じそはすでにあるし。

そして。懲りない私は今度は農場で食べごろの色と大きさになっていた、これでリキュールを仕込みました。

DSCN3293.jpg


ライチです。

梅酒で上機嫌のAさんにもお手伝いしてもらって、雨の中採ってきました。

次はライチ酒。さあいってみましょう。
スポンサーサイト

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計