香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しけんたいさく

先だっての教習所で試験前に、最後の準備をしていたときの、
こえ とG 先生の会話から。

その1
仮免では通れず、
試験のときに運転が許される道路のルートの走行の仕方を、G先生に教わる。
先生に運転のデモンストレーションを見せてもらう。

(先生がスムーズにハンドル、ブレーキ、ギア操作、道路の状態のチェックをこなしているのをじーっと見ながら)
こえ 「すべてがスムーズでいいなあ。」
先生「(しばし沈黙)、、、。あのね。僕は、君の運転のインストラクターなんだけど。」


その2
仮説検証。

運転の試験の日、ミニスカートをはくよう連れ合いからアドバイスを受けたこえ。
この年になってまで、、何より、そんなことを考えるのは、試験官に失礼ではと思いつつ、
イギリス時代にも聞いたことのあるうわさなので、G先生にその是非を聞く。

こえ 「、、、といわれたんですが。20年前ならともかく、今そんなことをしても、あまり意味がないと思ったので、、、(無視してズボンをはいている、こえ。)」

先生「(しばしの沈黙のあと笑いをこらえつつ)君の連れ合いというのも面白いねえ。一度つれてきなさい。その是非をインストラクター仲間で議論しようじゃないか。」


その3
試験のとき緊張しないように通ったあとの(先のことを)考えている、とG先生に話す。
先生 「それはいいねえ。」と。

こえ 「免許が取れたら連れ合いに助手席にすわってもらいます。そうしたら、連れ合いにいっしょに じごく にいこう、と(ブラックジョークを)いわれたので、行くなら てんごく でしょう、と答えたんですが。」

先生「(笑いをこらえつつ、返事に困っている)、、、たしかに、君は善行を積んでいるから、天国にいけるよ。」

こえ。試験前に、せんせいにリラックスしてもらってどうする。

せんせー。いくらこえ が へた だとはいえ。
それでは全然フォローになってませんよお。
せめて、むんくのさけび、くらいにしてください。

ちなみに。だめおしをすると、こえ も つれあいも、教会では、まじめなキリスト教徒 で
通っております。


その4 うまくできなかったパーキング。

車の頭がどうなったらパーキングの前方のラインに水平になるか、判断がつかない こえ。
G先生が遠くと近くを交互に見ていると車がまっすぐに止まったタイミングが判断できるよ、といわれたことに、
いまひとつぴんとこない。

こえ「しょうがないので、あそこにある、白いフェンスや看板のボードの横線を基準に判断の参考にしてみます」
先生「(半ばあきれたように)君はおもしろいねえ。坂道になっていたり、あのラインが曲がっていたらどうするの。」

うっ。なちゅらるぼーんの本領を発揮しているんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://koemo.blog115.fc2.com/tb.php/115-2369464c

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。