香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香りの名前

今日は朝の8時過ぎからファームに行ってきました。
4時間くらい農作業をして、

お昼ごはん、その後少しお昼寝をして、
さっきまでかかってようやく、はじめての
ローゼラのジャム作りが無事に終了したところです。
1日がかりの作業になりました。

ローゼラの話は、いろいろ発見があって楽しかったので、この後ゆっくり書きます。

今回は、もうひとつの発見の話を。

土沉香という木があります。英語でincense treeというのですが、

これが香りの港、香港の名前の由来であるらしいことを、「香港野花」の図鑑で知り、

しかも郊外にあるらしいということも知っていたので、

一度ファームでどこにあるのか、聞いてみたいと思っていたのです。

Kさんに聞いてみたら、乱獲が進んでいるあれ、だよね。
ファームにはないと思うけど、、オーナーに聞いてみるよ、

ということで。

そうしたら。ファームにあったんです。小さい苗が。

今回、思い出したように聞いてみて、よかったなあと思いました。

やっと出会えた、香港の名前の由来の、、、苗。

013_convert_20101024212116.jpg

香港がイギリス領になる以前から取引されていたらしいです。
大きくなったこの木の樹脂が。高価で残念ながら、現在は乱獲が進んでいると。

もちろん苗からは、幸いなことに(?)樹脂は取れませんので。
安心してご紹介できる反面、
その香りには、ファームでは出会えないのです。

小学生の頃から熊井明子さんファンのこえ は、
その香りってもしかして沈香かな?と、しばらくの間思っていました。
でも漢字がちょっと違ったみたい。んー。

樹脂というと、乳香、没薬、安息香は昔、塊を買って試したことがあります。
そう、聖書に出てくるあれですが、
これをごつごつ、乳鉢で砕いて乾かしたバラとあわせて、ポプリを作ったことがありました。
クリスマスの贈り物ープレゼント交換のときに。

この、土沉香は、お香としてはどんな香りなのかしら。
それだけ長い間、人を魅了してきた香りっていうのは、、、。

またひとつ、ミステリーの謎解きの、楽しみができました。
今度、東京に戻ったら、鳩居堂あたりにいって、香りを探してみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://koemo.blog115.fc2.com/tb.php/129-dafa4af4

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。