香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育ちすぎと小さすぎ

日曜日の今日は、いつものように午後から菜園にでかけました。

今日の気温は30度前後、湿度は約90%。

日差しはそれほど強くなかったのですが、何しろ湿気が高くて、
とうがらしをはさみで摘んでいたりするだけで、
汗がたらーん、と頬を伝っていくのがわかりました。

で、6月13日、本日のヒット。

自分たちの畑につくなり、あるものにわたしたちは、目を奪われました。

「???これ、何?」
「こんなもの、私たち植えたっけ?」

何しろ週末菜園なので、1週間に1度、日曜日か土曜日に、遠出をし、手入れをしにいくだけです。

なので、野菜の収穫のタイミングというのが大変微妙なときがあります。

今週は収穫するのには早すぎる。
じゃあとるのは来週にしましょう、で戻ってきたときに、
今度はタイミングが遅すぎて、大きくなりすぎてしまうことがあるんです。

そんなケースのひとつが今回で、

今回大きくなりすぎたものは、

 節瓜 

まあ、どんな風になったかというと、

これ、 とうがん (冬瓜)だったっけ?

と、会う人会う人、聞かれるくらいに、

これまた、見事に成長していました。

とうがんって、わたしは東京ではカットしたものを
スーパーなどで見かけたことがあるくらいなのですが、

こちらのとうがんは、

あのー 一般家庭の炊飯器を二つ重ねたくらいのサイズにはなるので。

まあ、なかなか存在感があります。

わたしたちの節瓜は、そこまではいかなかったのですが、

重さ2キロ、長さ30センチ弱で、

これ、枕になりそう。

やっぱり結構な存在感がありました。
DSCN3267.jpg


写真は、大きさの比較のため横にCDを置いてみました。
節瓜は、たいてい携帯電話を2-3つ重ねたくらいの
大きさです。

ちなみに、お隣のお隣さんが、いまちょうどスイカを植えていて、

卓球のボールくらいの小さいスイカが、
保護するためにプラスチックのクッションの
上にちょこんと座っているのを、見せてくれました。

「役に立たないわー(食べられない、ということ)」
とため息をついておいででした。

わたしたちの畑を見て、その方は、「あら、とうがん?」
「ううん、節瓜」
その方のところは、とうがんも植えられていて、
まだ今ひとつという大きさなの、と見せてくれました。

なかなか頃合いって難しいねえ、と思った一日でした。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://koemo.blog115.fc2.com/tb.php/33-432d79a6

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。