香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーの試飲

今回は、買ってきたコーヒーの中から、

まずトラジャコーヒーを開けました。

003_convert_20110909104302.jpg

写真の右側がトラジャコーヒー、左はバリコーヒーです。
200グラムで300円くらいでした。


中身の豆はこういう感じでした。

002_convert_20110909104722.jpg

連れ合いは、一口いただいて、「いいコーヒーだね」と。
すっきりした飲み口。
マンデリンとか、濃い目のコーヒーが好きな方に合いそう。

お好きな方はご存知だと思いますが、
トラジャコーヒーもファンが多いコーヒーではあります。
ちょっと前、知人がそういえば「トラジャの会」ってやっていたような。

これに、
やはり現地で買ってきたバニラをさやから扱き出して少し加えて、
ローカルレモン(の皮)を利かせたマドレーヌを焼いて、あわせてみました。

003_convert_20110909105322.jpg

深煎りコーヒーとマドレーヌ。
ケーキもコーヒーもおいしいのですが、
マドレーヌのレモンがやや強い、かも。このケーキには紅茶のほうがよかったかな。

このコーヒーは、なんとなくケーキとあわせるよりは、少し重たいご飯を食べた食後に合いそうです。
あるいは、コーヒーのフレーバーが欲しいケーキに加えてみるのもいいかもしれない。

ルワック・コーヒーの味見については、続きをどうぞ。
ルワックのコーヒーについて。

結論から言うと、わたしたちがいただいた中で
コストパフォーマンスが一番いいなと
思ったのは、やはりご紹介したコーヒープランテーションでの
1杯(約500円ほどのもの)がベストでした。

ひじょうにおぼろげな記憶なのですが、、購買力平価(でしたっけ?)の各国比較
によく登場する、ビックマックのセットが約340円くらいで出ていたのを、
泊まっていたホテルの近くのマクドナルドで目撃したので、これを値段の
基準として参考にしてみます。

で。プランテーションでのコーヒーがよかったとおもうのは、
雰囲気と説明とコーヒーの飲み方と、コーヒーのつくり方と、
いろんなものを含めて味わえるから。
地元では、細かく挽いたコーヒーの粉にお湯をそそぎ、攪拌した上澄みをいただくようです。
プランテーションで、上等のピーベリーのルワックのコーヒー
50グラムを4千5百円くらいから売っていたのですが、それは買っていません。

次に、香港に戻ってきて買ってきたもの二種類を試飲しました。
スーパーで買った125グラム2千円の粉と、お土産やさんでの50グラム約3千円の豆と。

スーパーで買ってきた粉は、せっかくなのでサイコンのEさんのカフェにお持ちして、
飲み方を教えていただきました。サイフォンで淹れるのがおいしいと聞いたのですが、
持っていった粉で淹れていただいたコーヒーは、、、 心なしか、香りが物足りない。
苦味は十分なのですが、、。

んー、そおかあ。ということで、
次に豆のほうを挽いてドリップで淹れてみました。

すると、1杯目も2杯目も、かなり香りが高い。
苦味もすくないし。
ああ。これは確かにルワックのコーヒーだね、とわかる香りです。

それはいいのですが、、、

ただ、淹れ方がまずかったのか、
はたまた豆を入れすぎたのか、、。、。
いわゆる媚薬系の香りーー
ー熊井明子さんの「愛のポプリ」に、
霊猫香(しべっと)の香りについて、
「そのままでは耐え難い不快臭、、、だが、うすめると
甘い花のような芳香に変わる」(P225)
書いておられるのですが、ほんとうにその紙一重のところを
味わうといった感じでした。

そういえば。愛のポプリには、
アラブ人が、アンバーグリス(こちらはマッコウクジラの分泌物)をコーヒーに入れて
飲むということが書かれていました。
同じようなものが、別のところにもあるらしい。

で。るわっくこーひー。
今回買ってきた豆でとりあえず淹れてみた1杯目のコーヒーは、
こえには香りが強すぎて、残念ながら最後までは飲みきれませんでした
もう少し、豆を少なくして、お湯を多くして
薄くいれたほうが、これはおいしいかも、と思いました。

ということで、高級なコーヒーをいただく、というよりは
媚薬の一種としていただいたほうがいいのかな、というのが
こえ のこれまでの印象です。

試してみたいと思われる方、
コーヒーの目利きにまずは相場と見分け方などをお聞きになったほうがいいかと思います。

香港に戻ってざっと調べたところ、
台湾からのソースもインドネシアからのソースもありました。
香港のカフェで、1杯がブルーマウンテンの2倍くらいのお値段で出ているのを
みました。

追記ー中秋節のお出かけのとき、粉のコーヒーを連れ合いが現地方式で粉に直接お湯を注ぐ方法で試したところ、ルワックコーヒーの香りがちゃんとあったよ、と申しております。やはり、その土地の飲み方にしたがっていただくほうがおいしいということのようでした。
関連記事
スポンサーサイト
おはようございます。こえさん

50g 4千5百円は、とても手がでませんね。
飲んでみたいときは専門店で淹れたてを飲むのがよさそうです、
スーパー、土産品店でも私にはちょっと…

こえさんの言うように、お茶ではなく媚薬みたく作られたのかもしれませんね。
フルーツのドリアンみたいに好きな人には
たまらないみたいな、価値の判る人にはいいものなのでしょう。

マドレーヌいい色に焼きあがってます、コーヒーでも紅茶でも美味しいのでしょうね。
こえさんちによばれてお茶した~い。


2011/09/12(月) 08:53:09 | URL | はるさーメイ #-[編集]
メイさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

> 飲んでみたいときは専門店で淹れたてを飲むのがよさそうです、
豆の選び方、コーヒーの選び方、焙煎の煎り加減から、
いろんなところで「わざ」がありそうです。
おいしい一杯に出会えるといいですね。

> マドレーヌいい色に焼きあがってます、コーヒーでも紅茶でも美味しいのでしょうね。
> こえさんちによばれてお茶した~い。
香港にお越しの際は、どうぞ一声かけてくださいませ。
おみやげにケーキ持参で、会いに伺いますので。


2011/09/12(月) 11:09:28 | URL | こえ #-[編集]

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://koemo.blog115.fc2.com/tb.php/366-fb1dddc2

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。