香港週末菜園日記

香港新界にて約10年畑を借りてます。ライフワーク化しつつある週末菜園の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄瓜のスープ

数日前、今年の中秋節の「月餅」のコマーシャルを早くも見かけました。

どちらかというと食が細いほうなので、
こちらのクラシックな、あひるの卵黄が2つくらい入っている大型月餅だと、
一口二口でおなかがいっぱいになってしまったりもします。

海外在住の香港人なら、「お歳暮(お中元?)」としてもらったらうれしいだろうなあ、
と思うのですが。

ということで、マスメディアではすでに秋の気配の香港です。


でもわたしの通う農場の7月下旬は、相変わらず「瓜づくし」。
夏、です。

そこで、日本ではあまり見かけない(と思う)、瓜のスープをもうひとつご紹介します。

「黄瓜」というのは、皮が黄色くて、大型のシャンプーボトルくらいの大きさのうり、です。

ネットとか、手元の事典とか街市ガイドとか、いろいろあたって説明を探しているんですが、
いまひとつよいものに当たりません、、。

きゅうり「青瓜」とはちょっと違うみたいです。

何度も農場で、幾種類かの手持ちのきゅうりを「黄色く」させましたが、ついにこの「黄瓜」にはなりませんでした。

きゅうりと違い、こちらは生で食べずに基本的にスープにします。

皮にすこし香りがあるので、刻んで種を取って、皮をつけたまま2時間くらい煮込みます。

どういう香りかというと、、、うーん、スクランブルエッグのようなかすかに甘い後味があります。

写真では、鶏肉としょうがと一緒にかぶるくらいの水を入れて煮ています。瓜の目印の黄色い皮が見えるでしょうか?

DSCN3358.jpg


この瓜、形は大きいけれど、味はなかなか地味です。
じみって地の味、なんですね。書きながら改めて気がついた。

自己主張を尊しとする香港で、
あまり知られておらず、奥ゆかしさの光る(?)黄瓜。

わたしのように、地味なものが好きな方にはおすすめです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://koemo.blog115.fc2.com/tb.php/61-d7f509be

プロフィール

こえさん

Author:こえさん
香港新界にて160尺プラスアルファの畑を借りています。
コメントは承認制で、ブログの内容と無関係のコメントは削除します。いつもご訪問をありがとうございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
野菜の栽培記録 (7)
菜園 (264)
食と暮らし (139)
書評 (7)
季節の花 (16)
外からみた日本 (2)
野菜のレシピ (12)
菜園発 ローカル・フード (7)
その他 (19)
香港の外ごはん (22)
試運転 (17)
イギリスつながり (4)
さとがえり (10)
ぶどう (20)
他ファームビジット (1)
コーヒー (5)
ゆるーく香港オーガニック事情 (11)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。